クライアントはあなたのことを何も知りません。徐々に信頼と実績を作っていきましょう

フリーランスエンジニアになるなら、知っておきたいアレコレ!

自分自身のために働くフリーランスという生き方

フリーランスになる前に民間保険の加入を忘れずに

フリーランスエンジニアとしての信頼と実績を作る

フリーランスエンジニアとしての信頼と実績を作る フリーランスは仕事がとれなければ、何も始まらない!

フリーランスエンジニアの仕事は、営業活動から始めなければなりません。どんなに高いスキルを持っていても仕事をとることができなければ、フリーランスとして働くことはできません。正社員を辞め、何もない所からのスタートです。フリーランスとして働き始めるにあたっては、営業力も必要です。実績と信頼がフリーランスの営業力につながります。

LINEで送る

フリーランスエンジニアになってみて

フリーランスエンジニアになって、最初にぶつかる壁はクライアントを探す事。数多くの方が思っている事ではないでしょうか。中には、営業の得意な方もいる事でしょう。しかしどんなに営業が得意でもフリーランスエンジニアとしての実績はありません。エンジニアの仕事は、技術職です。まずは、自分がどんな仕事が出来るのかを相手に伝えなければなりません。その為には、どんな仕事でも受ける覚悟を持ちましょう。希望とは違う仕事でも自分の経験と実績になるのです。まずは実績つくりと考えましょう。

信頼と実績

フリーランスエンジニアにとって、大切な事は、スキルと経験です。
正社員時代にどんな仕事をしていたのか。重要な仕事をしてきたのかも知れません。勿論、そういった仕事は、自分の経験と言ってもいいでしょう。しかし現実には、自分が働いていた会社の実績なのです。どんなにベテランのエンジニアであっても、フリーランスになった瞬間から、新人の様なものです。では、フリーランスとしての実績はどのように作っていけばよいのでしょうか。それは、とにかく仕事をするという事です。自分で営業をし、仕事を貰えたならば、報酬が安くても、嫌な仕事でもとにかく受けましょう。相手は、自分の事を何も知りません。今までの経験は一旦忘れ、新人の様な気持で一生懸命仕事をする事によって、相手は評価をしてくれるでしょう。それが信頼へと変わって行くのです。

実績をPR

色々な実績を積む事が出来たならば、次はPRです。フリーランスになってからの実績をうまく活用し、PRしてみましょう。例えば、ブログで日々の仕事内容を綴ってみてはどうでしょう。ブログで発信する事によって、色々な人の目に止まり、仕事の依頼が来る。そんな事があるのかと、思う方もいると思います。しかし、クライアントは常に優秀なエンジニアを探しています。少しの努力で実を結ぶ事もあるのです。ちなみに、ブログ書く上で注意する事は、クライアントの守秘義務を漏らさないという事です。他社の秘密を守る事に、細心の注意を払いましょう。いかに実績を上げ、信頼を勝ち取るかで、フリーランスエンジニアの未来は明るくなってきます。
どんな仕事でも相手の事を考えながら仕事をする事が、成功への近道になるのではないでしょうか。

今読まれている人気の記事

フリーランスエンジニアの敷居は高くない?

フリーランスエンジニアの敷居は高くない? フリーランスエンジニアと聞くと、かなりのスキルを持っていなければならないのではと身構えてしまう人も多いようですが、意外とそうでもありません。そうでもないといえば語弊があるかもしれませんが、会社員として現場で活躍できているエンジニアであれば、ほぼ心配はありません。エンジニア不足のご時勢、フリーランスエンジニアとしての一歩を踏み出すのに、それほど高いハードルはないのです。

フリーランスの退職金制度!小規模企業共済を知る

フリーランスの退職金制度!小規模企業共済を知る フリーランスになると、退職金がありません。国民年金の支給額も会社員に比べてかなり下がってしまいます。老後の備えについても早いうちからしっかりと計画しておく必要があるのです。そこで活用したいのが、フリーランスの退職金ともいわれる制度、「小規模企業共済」です。小規模企業共済制度の概要を紹介します。活用できるものは有効活用して賢く老後に備えましょう。

フリーランスエンジニア専用のエージェントを利用する

フリーランスエンジニア専用のエージェントを利用する フリーランスエンジニアにとって、仕事をとることが何よりも大切です。仕事探しの強い味方になってくれるのが、フリーランスエンジニア専用のエージェントです。仕事を紹介してくれたり、様々なサポートも受けらるため、フリーランスにとっては大変心強い存在になってくれます。しかし、中には悪質な業者もいるようですので十分に注意しましょう。