フリーランスを目指すエンジニアのための虎の巻!フリーランスについて知ろう!

フリーランスエンジニアになるなら、知っておきたいアレコレ!

自分自身のために働くフリーランスという生き方

フリーランスになる前に民間保険の加入を忘れずに

フリーランスエンジニアを目指す人のためのフリーランスガイド

「エンジニアとしてのスキルを活かして、フリーランスで活躍したい!」そう思っているエンジニアの方へ、フリーランスエンジニアとはどういうものか、会社勤めから独立してフリーランスになる前に準備しておきたいことなどを紹介します! フリーランスになりたいと思う理由は人それぞれ。すでにフリーランスで活躍している人も、そのきっかけは様々です。また、「フリーランスエンジニアで、本当に食べていけるのかな?」「フリーランスになると何がどう変わるんだろう?」そんな不安もきっと皆さん同じです。フリーランスのメリットとデメリット、退職前に準備することなど、フリーランスを目指す人のためのフリーランスガイドです。 フリーランスエンジニアという生き方の具体的なイメージをふくらませてみてくださいね。フリーランスエンジニアのお仕事に触れてみたいという方は、https://freelance.levtech.jp/を参考にするといいかもしれないです。

フリーランスエンジニアとは?派遣社員とどう違う?

フリーランスエンジニアは業務委託契約。 派遣社員は雇用契約を結びます。
二つの大きな違いは、労働基準法に適用されるか、されないかです。

フリーランスのメリット・デメリット、将来性を考える

フリーランスの仕事をして行く上での最大のメリットは、報酬が高く、好きな仕事を選べる事。
デメリットは福利厚生を受けられない事です。

フリーランスになる前に自分のクレジットカードをチェック

フリーランスはクレジットカードを複数持っていると重宝します。レジットカードは、審査が通りやすい会社員のうちに作っておきましょう。

家賃や携帯代も?フリーランスで経費に出来るもの

個人事業主は、青色申告で確定申告をします。
仕事で使うパソコンの他に、家賃なども経費として認められます。

エンジニアとしての仕事の幅を広げ競合相手に勝つ

フリーランスとして働くなら専門以外の仕事にも挑戦し、スキルの幅を広げていきましょう。何でもできるエンジニアになれば、仕事を獲得しやすくなります。

自分という商品をマーケティングし仕事を獲得する

エンジニアの仕事は技術を売る事です。商品は自分と言っても過言ではありません。自分という商品をマーケティングしましょう。

今読まれている人気の記事

フリーランスエンジニアの敷居は高くない?

フリーランスエンジニアの敷居は高くない? フリーランスエンジニアと聞くと、かなりのスキルを持っていなければならないのではと身構えてしまう人も多いようですが、意外とそうでもありません。そうでもないといえば語弊があるかもしれませんが、会社員として現場で活躍できているエンジニアであれば、ほぼ心配はありません。エンジニア不足のご時勢、フリーランスエンジニアとしての一歩を踏み出すのに、それほど高いハードルはないのです。

フリーランスの退職金制度!小規模企業共済を知る

フリーランスの退職金制度!小規模企業共済を知る フリーランスになると、退職金がありません。国民年金の支給額も会社員に比べてかなり下がってしまいます。老後の備えについても早いうちからしっかりと計画しておく必要があるのです。そこで活用したいのが、フリーランスの退職金ともいわれる制度、「小規模企業共済」です。小規模企業共済制度の概要を紹介します。活用できるものは有効活用して賢く老後に備えましょう。

フリーランスエンジニア専用のエージェントを利用する

フリーランスエンジニア専用のエージェントを利用する フリーランスエンジニアにとって、仕事をとることが何よりも大切です。仕事探しの強い味方になってくれるのが、フリーランスエンジニア専用のエージェントです。仕事を紹介してくれたり、様々なサポートも受けらるため、フリーランスにとっては大変心強い存在になってくれます。しかし、中には悪質な業者もいるようですので十分に注意しましょう。