会社のために働くのではなく、自分自身のために働くというフリーランスの考え方

フリーランスエンジニアになるなら、知っておきたいアレコレ!

自分自身のために働くフリーランスという生き方

フリーランスになる前に民間保険の加入を忘れずに

自分自身のために働くフリーランスという生き方

自分自身のために働くフリーランスという生き方 働くのは誰のため?

エンジニアとして会社に属し、日々こき使われる。やりたくない仕事ばかり押し付けられる。スキルアップの機会を与えてもらえない。数多くの人が悩んでいるこの現状。会社の為に働くのか、それとも自分の為に働くのか。悩みは尽きません。

LINEで送る

会社の利益を上げる為

正社員や派遣社員で働く場合、会社に利益を出す為に働いています。勿論、その中から給与を貰っている訳ですから、自分の為にもなっています。しかし、生活をする為に働いているだけで、自分の身になっているのでしょうか。仕事をやっているのではなく、やらされている。それではせっかく好きな仕事をしている意味がありません。ほとんどの業種、仕事をしている人が好きな仕事をしている訳ではありません。しかし、自分のスキル、経験で仕事をする事の出来る専門職のシステムエンジニアの方は会社の利益の為だけに働いていていいのでしょうか。会社の為だけではなく自分の為に何が出来るのか。良く考えてみましょう。

自分で自分の道を切り開く

会社で残業をし、時間がなく、なかなか次のステップへ進む事が出来ない。それが今のIT業界の現実です。だからといって、このまま会社に居続けていいのでしょうか。自分のスキルは生かしていますか?望んだ給与を貰っていますか?もしも会社に不満を持っているのならば、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。自分自身で動く事が出来なければ、今の現状のままです。自分がどんな仕事をしたいのか。どうやったらスキルアップする事が出来るのか、考えてみましょう。きっと、何かが見つかるはずです。

自分自身の為に働く

会社を辞めフリーランスエンジニアとして働き始めてすぐには結果を出せない事もあるかもしれません。
しかし、確実に自分の経験になります。自分のスキルより一つ上の仕事をしてみましょう。やりたくない仕事でも自分の為、今後の仕事に生かしていく事が出来るからです。会社で自分のしたい仕事が出来ず、残業だらけでは、スキルを伸ばす事は出来ても自分の身になっていない。何故ならそれは、会社の利益にしかならないからです。フリーランスエンジニアとしてのスキルアップは自分自身の利益となり、成功へとつながっていくのです。フリーランスエンジニアとして働こうと思う理由は何なのでしょうか。
もっと高い報酬が欲しい。また、自分の好きな仕事がしたい。等、沢山の理由がある事と思います。
自分自身の為に働く道を考えてみてはいかがでしょうか。

今読まれている人気の記事

フリーランスエンジニアの敷居は高くない?

フリーランスエンジニアの敷居は高くない? フリーランスエンジニアと聞くと、かなりのスキルを持っていなければならないのではと身構えてしまう人も多いようですが、意外とそうでもありません。そうでもないといえば語弊があるかもしれませんが、会社員として現場で活躍できているエンジニアであれば、ほぼ心配はありません。エンジニア不足のご時勢、フリーランスエンジニアとしての一歩を踏み出すのに、それほど高いハードルはないのです。

フリーランスの退職金制度!小規模企業共済を知る

フリーランスの退職金制度!小規模企業共済を知る フリーランスになると、退職金がありません。国民年金の支給額も会社員に比べてかなり下がってしまいます。老後の備えについても早いうちからしっかりと計画しておく必要があるのです。そこで活用したいのが、フリーランスの退職金ともいわれる制度、「小規模企業共済」です。小規模企業共済制度の概要を紹介します。活用できるものは有効活用して賢く老後に備えましょう。

フリーランスエンジニア専用のエージェントを利用する

フリーランスエンジニア専用のエージェントを利用する フリーランスエンジニアにとって、仕事をとることが何よりも大切です。仕事探しの強い味方になってくれるのが、フリーランスエンジニア専用のエージェントです。仕事を紹介してくれたり、様々なサポートも受けらるため、フリーランスにとっては大変心強い存在になってくれます。しかし、中には悪質な業者もいるようですので十分に注意しましょう。